おもちゃをIoTでもっと楽しく!IoTで広がるおもちゃの未来

おもちゃをIoTでもっと楽しく!IoTで広がるおもちゃの未来


「おもちゃ」というとアナログなイメージがあると思いますが、近年では最先端のIoT技術を活用したおもちゃが続々と登場しています。

IoTとは”Internet of Things”の略であり、モノをインターネットと接続するという技術のトレンドです。家庭のTVがインターネットに接続できるようになったという例を挙げれば、すでに皆さんにとっても身近な存在に感じていただけるのではないでしょうか。

そこで今回は、おじいちゃんおばあちゃんが子どもだった時代から親しまれてきた懐かしいおもちゃとIoT技術の融合から、全く新しいタイプのIoTおもちゃまでご紹介します。

クラウドファンディングで予約販売を開始したばかりのおもちゃがあれば、すでに一般販売されているおもちゃもあるので、ぜひ公式ページも含めてチェックしてみてくださいね。

 

電玉

電玉

出典:電玉

日本人なら誰でも一度は遊んだであろう、けん玉が進化を遂げています。最近では、海外で華麗な大技を決めるけん玉ユーザーも増えており、けん玉はもはや一過性のブームではなく、世界的な人気を博している国際的なおもちゃとなっているのです。

au未来研究所ハッカソン(スマホの次の発明を目指し、生活者×KDDI×外部パートナーで行われる研究開発イベント)はそこに着目し、「伝統×最新」をモットーにをIoT化させたけん玉、「電玉」を開発しました。

本体のあちこちにセンサーが搭載された「電玉」は、けん玉の動き、傾き、玉が皿のどこに乗ったかを認識するので、基本的な技はもちろん灯台、逆落としなどの変わった技まで特定してくれます。スマホと連動することで一人で楽しむだけではなく、世界中のプレーヤーとオンラインでの対戦も可能になりました。

こちらは、2016年2月29日からクラウドファンディングMAKUAKEで先行販売を開始しています。もし気になる方はクラウドファンディングサイトをチェックしてみてください。

「電玉」公式サイト:http://dendama.jp
「電王」クラウドファンディングページ:https://www.makuake.com/project/dendama/

 

MaBeee(マビー)


MaBeee(マビー)は、乾電池の形をしたIoT製品です。単体で遊ぶというタイプのものではなく、例えばMaBeeeを入れた自作のおもちゃをスマホでコントロールしたり、電池で動くタイプの車や電車のおもちゃにMaBeeeを入れて、自分のスマホで操作することが可能なのです。

スマホを振って早い動きにしたり、スマホを傾けたりする事でも操作が出来ますし、専用アプリは最大で10台 でMaBeeeを操作できるので、一気に複数の電車を発進させたりする事も可能なのです。

こちらは予約販売が終了しているのですぐに手に入れることはできないのですが、販売開始をお知らせするメルマガに登録すれば最新情報をチェックすることができます。

MaBeee公式サイト:http://mabeee.mobi/

 

Sphero(スフィロ)

Sphero

出典:Sphero

「世界初のロボティックボール」がキャッチフレーズのSphero(スフィロ)。こちらは、スマホで操作出来る球体のおもちゃです。

ラジコンの様に操作でき、球体で尖った箇所が無いので子どもやペットがSpheroを追いかけて触ったりじゃれたりしても危険ではありません。

前後左右の単調な動きを操作をして終わる様なものではなく、難易度の高い障害物に挑戦したり、無料のプログラムをインストールすればプログラミングの基礎を遊びながら覚える事だって可能なのです。また、完全防水なので水の上で動かす事だってできてしまいます。

Sphero公式サイト:http://www.sphero.jp/sphero-2/

STAR WARS APP-ENABLED DROID BB-8

出典:STAR WARS APP-ENABLED DROID BB-8

Sphero(スフィロ)を元に、夢のコラボレーションで生まれた「BB-8」は、映画「スター・ウォーズ」最新作に登場する新キャラクターです。

こちらもスマホやタブレットを使って操作が可能なのは、他のIoTおもちゃと同様なのですが、このおもちゃのすごいところは何と仮想ホログラフィックが投影可能だということ。仮想ホログラフィックとは、スター・ウォーズを観たことがある方はすぐお分かりかもしれませんが、レーザーの光を使って投射したものを立体的に映し出すあの技術です。

自分で撮影した映像をアプリで再生することで、BB-8が立体的な映像を映し出しているように見えるのです。私たちの世界も、SF映画に少しずつ近づいていることが実感できますね。

STAR WARS APP-ENABLED DROID BB-8 公式サイト:http://www.sphero.jp/starwars/

 

DARWIN-MINI(ダーウィン・ミニ)

DARWIN-MINI

出典:DARWIN-MINI

スマホ操作が可能な二足歩行ロボット、DARWIN-MINI(ダーウィン・ミニ)を見たら、かつて少年少女だった誰もが心躍り、憧れるのではないでしょうか。

歩くだけではなく、手足の関節の細かい様々なモーション(動き)を角度まで細かく設定し、それを自動再生するといった高度な設定もできる本格的なロボットです。組み立てに必要な工具は、なんとネジをしめるためのドライバー1本のみ。そのネジも数箇所だけで、安全に組み立てることが可能です。

また、ロボットやプログラミングの知識が無くても扱える基本的なプログラミングツールから、高級言語によるプログラミングまで、幅広い開発環境に対応しています。遊びの中で学習意欲を高めることができるのため、子どもの可能性を伸ばす意味でも画期的なおもちゃです。

DARWIN-MINI公式サイト:http://robotisproshop.cart.fc2.com/ca40/183/

 

IoTおもちゃで広がる未来

happy father and son with smartphone at home

以上、IoT化されたおもちゃたちを紹介してきました。大人達が、かつて子どもの頃に夢見たようなおもちゃが本当に今この瞬間にも実現されつつあります。

いつの時代も遊びへのわくわく感は変わらないもの。おもちゃは子供のためのものという思い込みを捨てて、今回紹介したおもちゃを手に取ってみれば童心にかえったようなわくわくをまた味わえることでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>