使用感が全然違う!使いやすいこだわりのノート5選

使用感が全然違う!使いやすいこだわりのノート5選


私たちが子供のころから慣れ親しんできた、ノート。ふと思い返すと子供の頃、それはただの”書くための紙の束”でしかなかったはずです。しかし大人になった今、あなたはどんな判断基準でノートを選んでいますか。

書きやすさですか。携帯性ですか。それとも高級感やデザインですか。ノートを選ぶ基準は、人それぞれ。重ねた経験と年輪によって、あなたなりの”持つべき理由”をまとい、洗練されていくものです。今回は、いま大人になったあなたが”持つべき理由”を語り得る、使いやすいこだわりのノートをご紹介します。

「いいノート」の代表。モレスキン

大人のノート、と聞かれて多くの人が連想する「モレスキンノート」。皆さんの周りにも使っている人は多いかもしれません。このノートの歴史は長く、ゴッホやピカソ、そしてヘミングウェイなどといった著名な芸術家や作家たちに愛されていたことから、「伝説のノート」とも呼ばれます。

定番のロングセラーとなっている「クラシックノートブック」の価格は3,000円程度と、少々高めですが、表紙が硬く作られているので、立ったまま容易にメモをすることができます。また、経年劣化しにくい紙を採用するなど、その品質は価格に相応しいものです。

中身が汚れないように、ゴムバンドでノートを閉じることができるなど、シンプルで美しいデザインの中に、ノートが果たすべき機能が充実しています。みんな持っているから、はあなたが持たない理由にはなりません。広く愛されるノートには、このような理由があるのです。

商品はモレスキンオンラインショップで購入することができます。

手触りを愉しむ。和綴じノート(文學堂)

伝統的な日本式の製本法である「和綴じ」によって作られたノートです。時代を超えて親しまれる文豪の作品をイメージした図柄が表紙にプリントされ、表紙に合わせて色とりどりの糸で綴じられています。

最初のページに、ノートのテーマとなる作品から名文が抜粋されているのが、文学好きにはたまらないこだわり。文庫本サイズと単行本サイズがあり、価格は1,000円程ですが、ざらりとした表紙と、反面手に吸い付くようなしっとりした中紙が、使う人に”和”を感じさせる仕上がりです。

商品の購入を検討している方は、文學堂公式ページから。

オーダーノート(カキモリ)


自分だけの一冊、オーダーノートを作ることができるのが、台東区蔵前にある「カキモリ」というお店です。ここでは、表紙・裏表紙・リング・留め具を自分の好みに合わせて選ぶことができます。

選べる表紙は60種類、中紙は30種類。自分の用途に適したノートを、まさに”編む”ことができるのです。名前を入れることもできるので、プレゼント用にも最適です。

気になる価格は、「表紙+中紙+製本200円(+留め具代)=800円から」と何とも良心的なのも嬉しいところです。自分のライフスタイルに寄り添う一冊を、あなたも作ってみませんか。

詳細を知りたい方は、カキモリのホームページへ。

ヌーボード(欧文印刷)

クールなギークが、アイデアを書いては消し、を繰り返すホワイトボード。通常、オフィスの固定アイテムであるこれを、ノートサイズにスケールダウンさせた一品がこちら。紙の表面に販売元の欧文印刷社が独自開発した特殊ニスを塗布することによって、ホワイトボードマーカーで書いたものを消すことができるようになっているのです。

筆記スペースは8ページあり、透明シートが各ページに添付されています。新たなアイディア出しなどに用いれば、効果を発揮してくれそうです。価格は3,000円弱で手に入るので、クリエイティブ職の方はぜひカバンに入れておきたい1冊です。

商品の購入を検討する方は、こちらから。

パナマノート(スマイソン)


英国王室御用達のブランドである「スマイソン」。女性に人気のこのブランドが作るノートで、世界中から支持を集めるのが 「パナマノート」と呼ばれるノートです。

表紙に使用されているのは、気品溢れるラムレザー。非常に柔らかい手触りで、それでいて、型崩れが起きません。使えば使うほど肌になじんで使いやすくなります。

中紙には、「フェザーウェイトペーパー」と呼ばれる独自の紙が使用されています。名前の通り、非常に軽く、それでいて破れにくいのが特徴です。1枚1枚にあしらわれたブランド名とロゴの透かしが、高級感を漂わせています。

豊富なサイズ、バリエーションが存在しますが、安いものでも価格は10,000円台と、さすがは英国王室御用達ブランドといったところ。どんなシーンでも堂々と使えるようなノートを探している女性にはぴったりの1冊です。

興味のある方は、スマイソン公式商品オンラインストアをご覧ください。

自分に合ったこだわりのノートを選ぼう!

ただのノートとあなどるなかれ。今回ご紹介したノートには、細部に至るまで作り手のこだわりが詰め込まれています。良いノートは持っているだけで、気分を高揚させ、筆を走らせてくれるもの。書く、という行為をアップデートしてくれる、あなたの人生に相応しい一冊をみつけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>