“資生堂パーラー ウインドー×中村竜治” 東京ものづくり巡り

“資生堂パーラー ウインドー×中村竜治” 東京ものづくり巡り


東京のさまざまな場所で開かれる建築やデザインに関するイベント。ライターをしているEさんが運営しているブログ「a+e」に掲出したもののから、ものづくりと関係の深いイベントレポートをピックアップしてご紹介します。

“資生堂パーラー ウインドー×中村竜治”

東京銀座資生堂ビル》1Fの「資生堂パーラー 銀座本店」のウインドー・ディスプレイを中村竜治建築設計事務所がデザイン、先月からお目見えしている。
shiseido01

通りに面したガラス面には、先月28日まで地階のギャラリーで開催されていることを示すグラフィックが貼られ、中村作品がその陰になっていたのだが、お役御免となった1月29日にサインが撤去され、外からでも全景が見られるようになっている(本稿の内観写真は1月21日撮影のもの、外観の2枚は中村竜治建築設計事務所提供)。

ディスプレイを目当てに行った場合、中央通りと銀座花椿通りに面したガラス面に、銀座7丁目の《資生堂銀座ビル》も含めて開催中のイベント「BEAUTRY CROSSING GINZA 銀座+ラ・モード+資生堂」のサインが表示されているため、外からの眺めでは中村作品は残念ながらサインの陰に。
(注記 店頭にて店内からの撮影およびSNS掲出可否確認、了承を得ています)
shiseido02
《東京銀座資生堂ビル》新春ディスプレイ2016作品「風景」
主催・ディレクション:株式会社 資生堂
設計:中村竜治建築設計事務所
施工:現代工房
照明計画:MGS照明設計事務所

shiseido03
テーマは、旅。「連なる道、山、波、雲などがイメージされる風景のような形を考えた」(中村事務所発信のリリースより、以下の引用も同様)。中央通り側の作品は、厚さ9mm、計13枚の合板がジグザクに組まれている。

shiseido04
材は針葉樹合板。幅約2mのウインドーの幅より若干長いサイズで、ジグザグに組んでいくことで三角形の隙間が生まれるのだが、上からの荷重によって、それぞれの合板のたわみが変化し、そのままのかたちとなってあらわれる。固定金具やピアノ線の類いは見当たらず、この状態で安定させているのが凄い。

shiseido05
奥行き0.9mmの側面の縦方向に、細い凸起物が走っており、合板の端に加工された僅かな溝の凹部分と合わさっている。これは横揺れへの備えとのこと。

shiseido06
どの接点も壁から僅かながら意図的に離され、隙間が確認できる。
shiseido07

それにしても、こんなレールが元からあったかしらと、店頭で資生堂のスタッフに確認したところ、今回の展示のために、また既存の壁を傷つけないようにあつらえたものだという。
左の画は、年末年始のウィンドー・ディスプレイ(リニューアルした「花椿マーク」のオブジェ、中村竜治事務所のデザインではナイ)。スポット照明のダクトレールがあったのだとわかる。さらに1年前、中村竜治氏によるウインドー展示「首飾り(necklaces)」ではスポットをあてていたが、今回の展示ではこのレールの部分を塞いでいる。既存の壁と同じ色で塗装して、パッと見にはわからない、元よりこういう状態だったかのような見事な仕上がり(廉価な構造用合板などと思うなかれ)。
shiseido08

銀座屈指の老舗の店内、高い精度と安全性が求められた。中村事務所に確認したところ、事前に実物大のモックアップを組んで、合板のたわみの具合からサイズと枚数を決めたとのこと。
shiseido09

銀座花椿通り側の「風景」は7枚の合板で構成。
shiseido10
shiseido11

両側にスポットがないので、日没後はいったいどういう見え方になるのか、気になる。
shiseido12

ウインドーでの展示は3月15日まで。

2月13日追記。10日ほど前からこのような仕様に。
shiseido13

shiseido14

たわんだ合板の上にピシッと縦一列に配されているのは、資生堂パーラーの定番「花椿ビスケット金缶」。この縦長の空間全体が、まるで巨大な陳列棚のよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>